サイト内検索
 

 HOME > 製品情報 > CROSSROADS > 事例

  RLX

  CROSSROADS

  NEXCOM

  ACARD

  PROMISE

  TATUNG

  SVEC

  DT-NIC
 CROSSROADS SYSTEMESとXIOtech-ServerAttach
Solutions
挑戦
Design,生産,Network storage solution市場に会社としてXIOtechコーポレーションはOpenVMSを動かすMid-Range SCSI Serverのための費用対効果の高いSAN Solutionのための顧客の必要品に焦点を当てる必要がありました。顧客はこれらのサーバーを、 XIOtech’s MAGNITUDEストーレッジプラットフォームに接続することを望んでいたのです。最優先されるべき顧客の課題は、現存する分離したサーバーに集中していました。そしてそのサーバーは、次のような問題を生じさせました。 OpenVMS のアプリケーションは、単一のサーバーをもとに機能していました。 重要なデータは、分離されたstorage poolsに保存されていました。 新しいアプリケーションやストーレッジ必要事項(PACS,HIPAA)のためにストーレッジを広げる時に、しばしば困難が生じました。 それぞれのサーバーに、必ずバックアップが必要でした。 共通性のないシステムが、管理上のコストを上乗せさせた。
問題: 分離したOpenVMSのServer

OpenVMSへの最初の調査でわかったことは、OpenVMSは実は“open”していなかったということです。OSが標準のFibreチャンネル“open systems”調査のコマンドをStorage Deviesに送る間、OSは送り手に、特有なコマンド(いくつかの売り手に特定されたコマンド)を返したStorage Deviesだけしか認識できませんでした。 つまりXIOtechの挑戦は、これらに特有の必要事項をクリアするために、Open System StorageをOpenVMS OSにリンクさせる方法を定めることでした。 XIOtechのビジネスは、ヘルスケアー、政府関係、あるいはMicrosoft, Warner Bros, そしてMerrill Lynchといった企業レベルの顧客のサービスに焦点を置いていたため、重要なビジネスのアプリケーションをネットワークされた顧客のストーレッジに結びつける実用的で、忍耐のいる方法を解決方法として提供していました。XIOtechは、次のような解決方法の可能性を探ってみました。 新しいFibre Channel (FC) HBAを、MAGNITUDE Storage Platformが備えられたFibre Channel SAN への通信を可能にするようにServerにインストールする。 MAGNITUDE Storage Platformへの接続を可能にするため、OpenVMS inquiry コマンドのための、ベンダー固有のレスポンスコマンドを開発する。 MAGNITUDE Storage Platformの能力と共に、Routerのテクノロジーの強度をてこ入れするためのServer Attach製品のCrossroadsとのパートナーを組む。 FC HBAをインストールするためのオプションを考慮に入れると、XIOtechは、この方法はSANベースのStorage Platformへ必要とされる通信能力を提供することが可能で、増加していくStorageは問題にはならないということを発見した。それは新しいサーバーを買うよりも低額で、複数のServerに渡ってデータを共有させることができる。 しかしながら、FC HBAにはいくつかの不利な点がはっきりと浮かび上がってきた。例えば、いくつかのSCSIサーバーは、FC HBAをサポートしない。 サポート契約は、HBAをインストールすることによって事実上違反され得る。 セットアップと環境設定において困難が生じ得る。 相互情報交換の可能性の問題が生じ得る。 アプリケーションが、FC HBAと共に機能しない可能性がある。 結局XIOtech は、FC HBAの使用は解決方法としては不適切であるという結論を下しました。 ベンダー固有のコマンドの開発を考慮した場合、XIOtech はこの方法はFC HBAと同様のメリットを提供することを発見しました。 残念なことにXIOtech は、この方法にはFC HBAと同様のデメリットだけでなく、次のような欠点も見つかりました。 コマンドを維持するために必要なエンジニアリングサポートを増加させる 相互の情報交換性を維持するための、外部のベンダーによる変更点をサポートしなければならない standards bound とベンダーの独自性を旨とするXIOtechの方針に反する ServerAttachのCrossroadsとの提携を考慮した結果、XIOtechはServer Attach の製品への多くのメリットを見出しました。それは以下のようなものです。 単一のFCスイッチポートへの4つか8つのサーバーの接続を可能にする FCループとFCスイッチfabricの両方をサポートする HA 冗長性のための二つのFCポートを提供する 現存するハードウェアーとアプリケーションの投資をてこ入れ(レベレッジ)する SANからの起動を可能にする 最新のサーバーとアプリケーションへの混乱の危険性を抑える 冗長性があり、ホットスワップできる、電源、ファンを提供し、フィールド交換可能なI/Oモジュールがある 新しいサーバーより安い XIOtechは、Crossroads ServerAttach を使用すれば、FC HBAやベンダーに特有のコマンドに関するデメリットは何もありません。 XIOtechがServerAttachに関して見つけた二つのデメリットは、もう一つのハードウェアが維持されていなければならず、ServerAttachのコストがFC HBAを追加するコストよりも高いということでした。 しかし、FC HBAのデメリットとベンダーに特有なコマンドとの関係のなかでは、XIOtechの選択はとてもわかり易いものです。 その解決策としては、XIOtechはXIOtechのMAGNITUDEストーレッジプラットフォームとCrossroads ServerAttachの製品群の利益を活用することを選びました。

解決方法: Crossroads ServerAttachは、Open VMS Servers をXIOtech’s MAGNITUDE Storage Platformに接続させる.
 解決法
Crossroads ServerAttachを選択することによって, XIOtech は顧客に最も可能な解決策を提供することを望んでいます。Crossroads ServerAttach は次のような利益を提供します。 現存するサーバーの、結合性を維持する。(カバーを開ける必要なし) SAN baseのStorageとデータの保護。 ServerとStorageのロケーションの柔軟性の向上。 XIOechのベンダーに特有なコマンドをデザインしたりサポートすることの不要性 セットアップと使用の簡単さ Storageの配置、Backupの機能、将来のアプリケーションの拡大における非常に大きな柔軟性 XIOtechとCrossroadsの製品は、セットアップと環境設定のタスクを単純化する使い易いグラフィカルユーザーインターフェイスを提供します。 ServerAttachがこれらの利点が本当に機能することを確認できれば、XIOtechは次のような結果を伴うproduct qualification プロセスを始めます。 MAGNITUDEストーレッジプラットフォームの配備されたCrossroads ServerAttachモデルSA40のインストールとセットアップは30分以内で終わる。(MAGNITUDEストーレッジプラットフォームへの直接の接続)すべてのテストアプリケーションのテストは、10分以内で始まる。 switched fabricとすべてのテストを通過するために環境設定し直されたServerAttach SA40が問題なく終了する。サーバーがMAGNITUDEストーレッジプラットフォームから立ち上がる スイッチベンダーのテストを完了する。4つまでのサーバーが、2FCを経由してMAGNITUDEストーレッジプラットフォームへ通信していることを確認する 2FCを経由した2つのサーバーのための複数の通信経路を確認する Health careのパートナーへの解決策を明示する 2003年2月に提示されたHealthcare Information と Management Systems Society (HIMMS) に関する解決策を明示する XIOtechの、Crossroadsの選択は正しかったことが証明されました。CrossroadsのServerAttachで、OpenVMSを起動させているmid-rangeのSCSIサーバーは、XIOtechのMAGNITUDE Storage Platformへのアクセスを分担することが可能です。
  前進
XIOtechとCrossroadsはServerAttach解決策使用のため、ヘルスケア産業での大きなビジネスチャンスを見込んでいます。いくつかの主要な医療アプリケーションは、現在OpenVMSのサーバーにおいて作動しておりopen system storageには現在リンクしていない。大きなビジネスチャンスは電力、遠距離通信、政府関係にも同様に存在しています。  XIOtechとCrossroadsの提携は、ITコミュニティーに本格的な付加価値をもたらすと同時に、次のような利益ももたらします。 将来への現存する資産のてこ入れ セットアップ、環境設定、メンテナンスの簡素化 柔軟性、拡張性から所有していることから生ずる全体のコストを下げる OpenVMSを越えて、XIOechは将来、他の、以下のようなSCSIサーバープラットフォームをサポートするためにCrossroads ServerAttachを使用する計画を立てています。 RS/6000/AIX, HP/UX と SUN/Solaris。XIOtech はCrossroads ServerAttach を、顧客をサポートする上での解決方法とみています。 XIOtechは、世界的なCrossroads ServerAttachのResellerです。 XIOtechのネットワーク化された記憶装置に関する更なる情報に関しては、www.xiotech.comを訪れて下さい。


Copyright DreamTechno Co., Ltd. All rights reserved.